春日・大野城子ども劇場。子どもに夢を!たくましく豊かな創造性を!子どもと大人がともに育ちあう出会いの広場。

お知らせ一覧はこちら
2012年度【子どもの自治による異年齢集団:子ども団】の説明会のお知らせ

 

子どもの自治による異年齢集団
 
2012年度・子ども団の説明会のお知らせ
 
 
子ども団は、子ども劇場の会員小学3年生(秋)から中学3年生の子どもで構成される子どもの異年齢集団です。
中学生はリーダーとして参加し、一年間の計画を立て、日時や会場、集まりの企画を行ない小学生に連絡します。
子どもたちの連絡網があり、子ども自身で集まりの内容を伝え合います。
子どもの自治力で活動が行えるように青年集団が支援します。
子ども団の活動を通して子どもたちの意欲や主体性を引き出し、自分を出せる、なんでも話せる仲間づくりをめざします。
 

★特徴1★

小学3年生から中学3年生の異年齢集団で活動します。
 
現在では子どもの異年齢集団は意識しないと自然発生的には生まれません。
異年齢集団の遊びの世界には、年上の子が年下の子と遊ぶ中で工夫する力や思いやる力が生まれ、年下の子は年上の子のマネをしながら意欲が育つなど、共に社会性を育む教育的要素があります。
『時間・空間・仲間』をつくり子どもの活動を生み出していきます。
 

★特徴2★
 
子どもの自治による活動を行い、子どもの意欲や主体性をひきだします。
 
子ども団は年間の活動を、子どもたち自身が決めて、集い、遊び、話し合い、力をあわせて協力し合うなど、子どもの自身の自治力で継続的に活動を行います。
中学生をリーダーに位置付けます。
中学生はリーダーという役割を持つ中で、子ども団を運営する主体者として意欲や責任感、全体を見る力を育んでいきます。
 

★特徴3★
 
子どもの活動に、指導員として地域の青年が関わります。
 
子どもたちに関わるのは、高校生から社会人までの青年会員です。
子どもの自治力を引き出しながら、一緒に遊んだり話し合ったりします。
親や教師とは違う「斜めの関係」の大人の知り合いがいることは子どもにとっても素敵なことですね。
 

★特徴4★
 
親は、親の集団を作り子どもの成長を見守ります。
 

 
みなさんはどんなことをして遊んでいますか。
 
どんなことをしたいですか。
 
子ども劇場は
 
子どもたちが
 
自分たちでやりたことを出し合い
 
青年といっしょに活動する
 
「子ども団活動」があります。
 

 

2015年8月8日(金)~11日(月)
2013年1月19日(土)
春日大野城子ども定例鑑賞会のご案内

春日・大野城子ども劇場

〒816-0935
福岡県大野城市錦町4丁目1−85
大西ハイツ春日原 1F

092-572-0544


大きな地図で見る