春日・大野城子ども劇場。子どもに夢を!たくましく豊かな創造性を!子どもと大人がともに育ちあう出会いの広場。

お知らせ一覧はこちら
人形劇団クラルテ『銀河鉄道の夜』事前ワークショップ報告

 

IMG_1221.jpg

ちくし朝倉子ども劇場 高学年部12月鑑賞会事前 

人形劇団クラルテ演出家 東口次登さんといっしょに

『銀河鉄道の夜』事前人形劇ワークショップ

 

◆時/2019年11月9日(土)18:30~20:30

◆所/大野城まどかぴあ 301会議室

◆参加者/ちくし朝倉連絡会26名(内春日大野城6名)

 
 

中学生が実行委員会をつくりとりくみました

 

中学生が主体となって行う事前が、初めはうまくいくのか、そもそも集まるのか?という心配もありましたが、中学生実行委員会や、当日集まった中学生の真剣で且つ楽しそうな様子を見て、やってよかったと感じました。実行委員会は、はじめての子も多かったのですが、遊びを通してお互いを知り、中学2年生を中心に活発な会議ができていました。事前当日は、一人一人決まった役割があり東口さんの接待から司会、作品の紹介も行うことができました。

 
 

最初に東口さんが人形を出して見せると中学生達の真剣で興味津々な表情が印象的でした。人形作りでは、初めは何からどう作っていいのかと戸惑う子もいましたが、一度作り始めると集中していました。出来上がった人形はどれも個性があり、同じ紙から作ったはずなのにどれも違う人形に見え、こんなにも変わるものかと驚きました。         子ども指導部長(青年) 

 

 

 
 

作った人形で「銀河鉄道の夜」の1シーンを演じてみた。東口さんに演出してもらいました。

銀河鉄道ワークHP.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆○◆○ 参加者の感想 ○◆○◆

東口さんがどんなふうにおもいをこめて演出したのか聞くことができてよかったし、より一層、劇が楽しみになった。         (中2)

紙で立体的に作るのは難しかった。なのにとてもすごい人形をクラルテさんは作っていておどろいた。みんなの前で自分がつくった人形を見せるのはとても恥ずかしくていやだったけど、セリフに合わせて人形を動かすのが楽しくなった。すごい細かいところまで気を付けていて「役者さんはすごいな」とあらためて感じました。         (中1)

人形作りが一番楽しかった。ダンボールを丸めたり、目をくりぬいてまつげをつくったりして中くらいの人形を作った。物語は知らないし聞いてもよくわからなかった。台本を読むより人形を動かす方が楽しかった。  (中1)

2015年8月8日(金)~11日(月)
2013年1月19日(土)
2011年8月12日(金)~14日(日)
春日大野城子ども定例鑑賞会のご案内

春日・大野城子ども劇場

〒816-0935
福岡県大野城市錦町4丁目1−85
大西ハイツ春日原 1F

092-572-0544


大きな地図で見る