春日・大野城子ども劇場。子どもに夢を!たくましく豊かな創造性を!子どもと大人がともに育ちあう出会いの広場。

お知らせ一覧はこちら
12月鑑賞会『髪飾不思議仕掛』事前交流会

2011年11月4日(金) クローバープラザにて

 

庶民の芸能、歌舞伎の始まり

 

 歌舞伎は安土桃山時代に京都四条河原で、出雲の阿国の一座が始めた傾(かぶ)き踊り

が始まりです。『傾き』とは、人の目を引く新趣向のことです。いまでいうならレ

ディ・ガガです。阿国は、貴族の芸能である能の、静かなすり足とは違う、足を上げ

とび跳ねる新しい踊りを、伝わったばかりの三味線の旋律に載せて舞い、合間にセリ

フを入れてストーリーのある舞台を工夫しました。それが庶民の芸能、歌舞伎の始ま

りです。

 

 江戸時代になると歌舞伎のための芝居小屋が建てられました。さらなる新趣向の演

出や舞台の仕掛け(客席の中に突き出した舞台、花道、回り舞台、セリ、すっぽん)

が考え出されました。

 

 

 

幕について

 

 歌舞伎の黒・緑・黄色の横に動かす幕を定式(じょうしき)幕といいま

す。上から下りてくる幕と違って、役者の顔が最後まで見えます。幕を開け閉めする

幕引きさんは芝居に合わせて幕を早く引いたり、ゆっくり引いたり、はじめゆっ

くり途中から早く引いたりなど、引き方を変えます。

 そのほかに花道への出口にも幕があります。この幕は金属の棒にかけてあって、勢

いよく開けると、シャリンと音がして観客に花道に役者が出たことを知らせます。

 また道具幕といわれる幕もあります。浅黄幕といわれる幕は場面全体を覆ってい

て、ばっさり落とす振り落とし幕です。落ちた幕は黒衣(くろご)が片付けます。

 じゃまなものを片付ける幕もあります。消し幕といって、死体役の人などのところ

に黒衣が持ってきて広げて一緒に退場します。

 

黒衣(くろご)

 

 黒衣は見えないものというお約束になっています。いろんなも

のを片付けるのが主な仕事です。黒だけではなく、雪の場面では白い雪衣、一面海の

場面では水色の波衣を着ます。

 

ライトがないから

 

 昔はライトがなく光は屋根にあいた天窓から入っていました。

そのため演技や仕掛けを目立たせるために、ろうそくで役者の顔を照らしたり(面あ

)くまどりで表情の動きを際立たせたりと、いろいろな工夫がなされまし

た。化け物が舌に赤い色を塗ったりもします。

みえをきるのもスポットライトやクローズアップの代わりです。

 

拍子木と太鼓

 

拍子木と太鼓はいろんな合図に使われます。開園30分前に着到太鼓を

打ちます。15分前には拍子木がカンカンと2回響きます。5分前にはカンカンカンと3

つ。そして舞台そで、舞台裏、音曲などを始まることを知らせて回ります。やがて舞

台下手で、幕開きのが刻むように響いて幕が引かれます。休憩時間の始まりに

も拍子木が打たれ休憩時間の音楽が演奏されます。終演後は押し出しの太鼓

がたたかれます。それぞれいろんなリズム・メロディーで演奏されます気をつけてい

ると

より楽しめますよ。

 

衣装・かつらについて

 

 歌舞伎の衣装は役の身分や性格・年齢を現しています。娘役

は帯を高い市で結びます。遊女役は帯を前で結びます。殿様はひだのついた高い襟が

エリマキトカゲのようです。早代わりの衣装もあります。縫い付けた糸を引っ張って

抜いて前と後ろに落としたり(ぶっかえり)、上下に分かれた着物をひっぱて引き抜

いたり(ひきぬき)して下に着ていた着物にかわったりします。

 

 かつらも身分や年齢を現しています。いろいろなかつらがあります。役者の頭に合

わせて採寸し職人さんが作りそれを床山さんが結い上げます。

 

 

黒幕の差し金で

 

 小さい生き物などを操る細い棒を差し金といい、これを操る人を

黒幕といいます。「黒幕の差し金で悪いことをした」などという言葉はここからきて

います。

 

動物たち

 

 歌舞伎には大きな動物たちも登場します。2人で馬になったり(人が乗れ

る!)イノシシ、ネズミ、猫、さる、などを人が演じます。

 

とんぼがえり 他

 行ってすぐ帰ることをとんぼがえりといいますが、元は歌舞

伎の宙返りの事です。きり合いなどの場面で役者がとんぼがえりをして、舞台を盛り

上げます。

 

夜の場面

 

 夜の場面は黒い幕であらわされます。昔は月が出ていない夜は真っ暗です。それで

黒い幕の上に月が出ていないときは、闇夜を表します。真っ暗で、互いに相手が見え

ていないで手さぐりする(客席からは見えているけど)だんまりという芝居をし

ます。

 

大向こうの掛け声

 

 歌舞伎の良さは役者と客席との交流にあります。昔は拍手という

習慣が無かったので、ここぞというときは掛け声をかけました。「きまった!」と

思ったら、化け物役の藤川矢之輔には屋号のおおざかやほかの役者は屋号がない

ので名字で声をかけてください。とても喜びます。

2013年9月 3日
春日大野城子ども定例鑑賞会のご案内

春日・大野城子ども劇場

〒816-0935
福岡県大野城市錦町4丁目1−85
大西ハイツ春日原 1F

092-572-0544


大きな地図で見る