春日・大野城子ども劇場。子どもに夢を!たくましく豊かな創造性を!子どもと大人がともに育ちあう出会いの広場。

お知らせ一覧はこちら
本当の地獄は戦争 低学年部10月鑑賞会『じんたろうと眠り竜』

低学年部10月鑑賞会

人形劇団むすび座の地獄八景亡者戯Ⅱじんたろうと眠り竜の巻

低学年部では珍しじんたろう.JPGく戦争と平和をあつかった鑑賞会でした。大きな恐ろしい顔の竜(心は優しい)の背中にじんたろうと甚助が乗って客席の上を悠然と飛び宙を舞う姿は架空の竜を実際に見たような気分になりました。憲兵、空襲警報、が日常にあるじんすけと、空襲警報のサイレンを「消防車?パトカー?」とのんきに聴くじんたろう、空襲を受け萌える街を「花火をしてる」というじんたろう。清潔な服を着てよいにおいのするじんたろう。二人の違いが、平和な70年の重さを表していました。「戦争は昔話ではない。今も世界中に戦争はあり、強い竜の心をもって平和な世の中をつくれ」という竜の思いが重く伝わってくる人形劇でした。

☆大仏様にサツマイモをあげていた。昔はサツマイモがだいじなたべものだったんだなあ(低学年)

☆「本当の地獄めぐりに行ってこい」と言われてタイムスリップしたところはこわかった。(低学年)

☆怖い兵隊さんが刀を抜いた時は怖かった。刀がほんとは鉄瓶で、「人に殺す道具になりたくない」といったところを覚えている。

☆竜がリアルですごかった。(高学年)

☆戦闘機の影が空を飛んだのが怖かった(高学年)

☆竜の心はみんなを守る心。みんなが竜の心を持ったらいいなと思った(高学年)

 

 

 

 

 

 

 

次回12月は

人形劇団プーク『12の月のたき火』10012401.JPG

厳しい冬、やさしい春、楽しい夏、恵みの秋。大きな自然を舞台に、いじわるな継母と姉とわがままな王様と一生懸命なマル―シャのおとぎ話が展開します。珍しい糸操りの人形劇をお楽しみください。

この作品のもの鑑賞ご希望の方は、1歳以上一人3000円です。

入会ご希望の方は  入会金300円 月会費1300円(2ヵ月以上の在籍をお願いしております)

春日・大野城子ども劇場   092-572-0544にご連絡ください

2014年6月8日(日)
春日大野城子ども定例鑑賞会のご案内

春日・大野城子ども劇場

〒816-0935
福岡県大野城市錦町4丁目1−85
大西ハイツ春日原 1F

092-572-0544


大きな地図で見る